続く幸せ。。。

kyoko531.exblog.jp ブログトップ

BATHTOLOGY 夏肌の乾燥にご用心!

b0105010_231774.jpg
では、BATHTOLOGY泡のボディソープ&ボディケア入浴液
「洗うリスク、浸かるリスク」「守る潤い、与える潤い」を勉強しましたが
今回は、夏の肌トラブルについて勉強してみたいと思います。

一般的に入浴の目的というと。。。身体の汚れや一日の疲れを取ったり、
湯船で手足を伸ばして身体をリラックスさせたい、癒されたいからですが、
ライオンさんがBATHTOLOGY(バストロジー)を開発された理由には、
忙しい女性の入浴タイムの中で、正しい入浴法を見直し、お風呂の中で出来る
スキンケア(潤った肌作り)を考えられて作られたものです。
今回、バストロジーのモニターをさせて頂き、バストロジーを勉強したことで
入浴中に起きる肌トラブル「乾燥」のメカニズムがよく分かったように思います。
しかし。。。「乾燥の季節」と言うと、空気の冷たい冬じゃないの?って思いますが、
なぜ、「今の時期にバストロジーをお勧めになってるのだろう?」
私には理由が分かりませんでした。  でも、バストロジーを知ることにより
「乾燥」とは、一年を通してみて冬だけに限らないんだな~って思いました。
ライオンさんが、バストロジーを勧められてる理由もここにあったんです。
「夏肌にも乾燥リスク?」汗や紫外線、冷房における乾燥
夏は沢山の汗をかいたり、外は紫外線、中は冷房って感じで、
暑いときは冷房でひんやり肌を冷やし、汗でべたついた身体は洗って
スッキリさせることだけに満足してたように思います。
でも。。。これが夏肌の落とし穴「乾燥の原因」だったんですね~

b0105010_21394691.jpg←にんじんを使って簡単な実験をしてみました。
(※違っててもツッコミはしないでね!)
←サイズの同じ健康なにんじんです。
1つは普通の水、1つには塩水(汗)を含ませてみたよ!
少し時間を置くと、健康なにんじんは、水分が浸透し
シットリ感がありますが、塩水(汗)を含んだにんじんは、
一回り小さくなってシワ~っとなってるのが分かります。
塩水(汗)を含ませたにんじんは、水分で膨張したあと
水分だけが蒸発し、元に戻らず縮んでしまうんです。
いったん収縮すると元に戻らないため
次第に乾燥し、シワ肌になります。
(乾燥肌になると水分が浸透しにくくなるので
細やかなスキンケアが必要です。)


冷房についても同じことです。冷気に当たりすぎると
潤った肌表面から次第に肌内部までの水分や潤いが奪われ肌は乾燥します。
サラサラ肌に満足し、まさか乾燥肌になってるとは思いませんでしたよね!
(内、外の温度差を無くし適度な温度を保つことが必要です。)

紫外線については、今の時期(5月~8月)が最も多くなる季節なんだそうです。
紫外線を浴びた肌は、角層がもろくなり、いつでも壊れやすい状態にあります。
さらに紫外線を浴びた肌による潤い流出を促進してしまいます。
↓紫外線を浴びた肌の入浴中における洗うリスク+浸かるリスク
b0105010_20182759.jpg
















b0105010_21591942.jpg今年の夏は。。。
汗や紫外線、冷房による
「乾燥」肌トラブルのない潤った
肌作りを目指したい方へ
BATHTOLOGY泡ボディケアウオッシュ
BATHTOLOGYボディケア入浴液が
「洗うリスク+浸かるリスク」を考え
優しく洗いながら肌を守ってくれます。






b0105010_6345397.gif
[PR]
by kyoko_531 | 2008-05-23 22:39 | TBキャンペーン
line

日々の出来事です。。。


by kyoko_531
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31